HOME > コンサルティング > 人事管理コンサルティング
人事管理コンサルティングの進め方
次のような点を十分検討して、貴社に合った人事管理制度を設計する必要があります
1. 経営理念・経営方針
 人事管理制度を設計する場合に第一に留意すべきは貴社の経営理念・経営方針です。経営理念・経営方針でうたわれているものを実際の行動に促すものが人事管理制度であるからです。
 例えば、弊社が提唱する『業績貢献度別人事システム』は、いわばイージーオーダーの服のようなものです。 貴社の経営理念・経営方針がこれにマッチすれば、当人事システムを導入すればよいし、これと違うのであれば、独自の人事制度を設計する必要があるでしょう。
2. 企業風土
 第二に留意すべき点は、企業風土といわれるものです。人事管理制度は企業風土に合ったものである必要があるし、また、企業風土を変えていくものである必要もあります。
 貴社の企業風土を第三者の目で客観的に観察し、大切に守っていくべき企業風土と、改善が必要な企業風土を峻別し、どのような人事管理制度が必要かを提案します。
3. 管理職のレベル・経営管理インフラ
 人事管理で一番困難なものは『評価』の問題です。完璧な評価システムはあり得ないし、たとえ理論的で精緻な評価システムを設計できても、これを使って評価をする管理職が使いこなせないようでは、”猫に小判”となってしまいます。
 また、しっかりした評価をするためには次のような経営管理インフラが整備されている必要があります。
  @ 経営計画、部門計画の策定
  A 計数管理システム ・・・ 売上、売上総利益、貢献利益 等

 このような、管理職のレベル、経営管理インフラのレベルに見合った評価システムを設計する必要があります。
現在の人事管理制度から業績貢献度別人事システムにスムーズに移行するためには、次の事項の検討が必要となります
1. シミュレーション
 昇給、賞与の計算は新方式と旧方式とをシミュレーションして違いを明確に把握するとともに、スムーズに移行するための措置を検討する必要があります。
2. 移行格付け
 社員を新人事管理システムのステージに格付けする必要があります。基本的には現行の処遇秩序を尊重して新ステージに格付けします。
3. 賃金の組み替え
 役割給(基本給)は本人のステージによって決まります。各種手当等の変更があれば必要であれば実施します。基本的には賃金の組み替えによって本人の賃金総額が変わることがないようにします。
人事管理システム改善の際、システム設計・構築に力を入れる割に、定着化がおろそかになっている会社をよく見かけます。人事管理システム改善は定着化こそ重要であって、80%以上の精力を定着化に注ぐべきではないかと考えています
1. 諸規定・解説書の整備
 新人事制度の諸規定・解説書をしっかり整備します。
2. 社員への説明会
 社員への説明会は、解説書に基づいて丁寧に行う必要があります。個人目標制度を導入する場合は、目標の立て方をしっかり演習する必要があります。
3. 管理職への説明会および評価者研修
 管理職は評価者となるので、新人事制度の狙いおよび仕組みを詳細に説明すると同時に、評価者研修を行う必要があります。また、必要があれば管理職のレベルアップのために管理職研修を定期的に行うことも必要です。
4. 実施指導
 人事管理制度には、半年サイクルの業績評価・部門業績評価・個人目標評価、賞与計算、1年サイクルの能力アセスメント、昇給計算、昇格があります。これら一連の処理が軌道に乗るまで、実施指導します。
Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.