HOME > 弊社の考え > 稼ぎ高計算自分の稼ぎ高を計算 > パターン1
稼ぎ高を計算 パターン1

ステップ1  あなたの月給、売上高、粗利益率、営業マン比率を半角数字で入力してください。
項目
内容
金額・%
月給
あなたの月給を入力してください
千円
売上高(月間)
あなたが達成している売上高(月間)を入力してください
千円
粗利益率
(売上総利益率)
あなたが達成している売上の粗利益率(売上総利益率)を
入力してください
あなたの会社で営業マンはどのくらいの割合を占めていますか
全社員の中で営業マンの占める割合を入力してください
(製造業の場合は、製造に従事する人を全社員数から差し引いてください)

ステップ2  地盤・看板の程度
あなたが達成している売上は会社の看板や会社の過去からの蓄積にどの程度負うところがありますか?
  どれか1つだけお選びください。
符号
会社の看板や会社の過去からの蓄積の程度
自分の売上のうち
会社の看板、過去の蓄積によって
得ていると思われる部分のパーセント
会社の看板、過去の蓄積に負うところが非常に大きい
70%程度
会社の看板、過去の蓄積に負うところがかなりあると思う
50%程度
会社の看板、過去の蓄積に負うところがそこそこあると思う
30%程度
会社の看板、過去の蓄積に負うところはそれほど感じない
10%程度

ステップ3  プラス項目(通常の業務以外にプラスする業務を行っている場合は入力してください。)
投入日数はその業務に1ヶ月のうち何日投入したか、日数を上げてください。この日数は、単に労力を投入した日数を入れるというのではなく、基本的には「金」になる日数を上げてください。
プラス要因
件 名
投入日数
自己評価
自分の貢献度
新規開拓・種まき
大変満足のいく仕事であった
相応の出来であった
やや不満足の出来であった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度よりもかなり高かった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度相応であった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度よりもかなり低かった
革新・改善・開発
大変満足のいく仕事であった
相応の出来であった
やや不満足の出来であった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度よりもかなり高かった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度相応であった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度よりもかなり低かった
全社プロジェクト
大変満足のいく仕事であった
相応の出来であった
やや不満足の出来であった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度よりもかなり高かった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度相応であった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度よりもかなり低かった
その他の業務
大変満足のいく仕事であった
相応の出来であった
やや不満足の出来であった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度よりもかなり高かった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度相応であった
自分の貢献度は月給から期待される貢献度よりもかなり低かった

データの入力が終わりましたら『計算』ボタンを押して下さい。

     以下に計算結果が表示されます。



自分の稼ぎ高の算定(パターン1)
個人の売上高
千円
個人の粗利益
粗利益率
個人の粗利益
個人の粗利益=個人の売上高×粗利益率
千円
個人の粗稼ぎ高
営業貢献度
個人の粗稼ぎ高
個人の粗稼ぎ高=個人の粗利益×営業貢献度
千円
プラス要因
件 名
投入日数
単価
自己評価
自分の貢献度
金額
新規開拓・種まき
千円
千円
革新・改善・開発
千円
千円
全社プロジェクト
千円
千円
その他の業務
千円
千円
プラス要因 合計
千円
個人の稼ぎ高 合計
個人の粗稼ぎ高+プラス要因合計
千円
月給
千円
月給に対する倍率
稼ぎ高から査定される年収
稼ぎ高×12ヶ月×0.5
千円
現在の月給から計算される年収(賞与を年間4.5ヶ月とする)
月給×(12ヶ月+4.5ヶ月)
千円
差額(稼ぎ高から査定される年収−現在の月給から計算される年収)
千円
コメント

営業貢献度の計算
地盤・看板 a
営業マンの占める割合 b
営業貢献度 c
c=a×b/100
Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.