HOME > 弊社の考え > 成果の把握
成果の把握
 成果主義のポイントは成果の把握にあります。成果をどのように考えるか、成果をどのように把握するかがポイントになります。目標管理を中心とした成果の把握は結果がよければそれでよしとなりやすく、将来の成果を生み出す活動の評価やチームワーク、部下の育成が疎かになりやすいという問題があります。
 現在多くの企業で行われている成果の把握は次のように行われています。
@ 数値の絶対額を成果と考えて評価
A 数値目標の達成度を成果と考えて評価
B 目標管理の達成度を成果と考えて評価
 成果主義に対する批判には次のようなものがあります。これらの批判は、上記のような成果の把握が関係していると思われます。
@ 自分の成果だけが意識され、全体の成果が軽視されている。個々人の成果は上がっているが、全体では上がっていない
A 自分の成果が重要であり、チームワークが軽視される
B 短期的な成果を上げることが求められ、将来の成果を上げるための種まきが軽視される
C 管理職は自分の成果を上げることに関心があり、部下を育成しようとしない
 私は、上の図に示すように成果を『期待される役割をどの程度果たしたか』ということで把握するのがよいと考えています。このように考えることによってバランスよく成果が把握でき、企業経営においても問題を生じさせることはありません。
 各人に『期待される役割』は売上や利益の数字を達成することだけではないはずです。チームワークに貢献することや、部下後輩への指導、仕事の中で問題を発掘し改善提案することも各人に『期待される役割』となります。これらをしっかりと行うことがその人の成果であると考えれば、成果主義は何もチームワークを乱すものではないし、部下の育成が疎かになるということはないのです。これは至極単純なことですが、成果主義を考える場合、極めて重要なことであると考えています。
Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.