HOME > コンサルティング > 各種研修 > 管理職基本研修
管理職基本研修
管理職基本研修
■ 研修のねらい
 職場の管理職に求められる役割は大きく二つあります。業績達成責任を果たすことと組織の活性化です。
 そのために、仕事のマネジメントだけでなく、人のマネジメントや組織のマネジメントなどが必要になってくるのです。
 当研修では、管理職としての基本的な役割を再認識するとともに、人材育成や組織活性化の手法などを学び、職場で取り組むべき課題や自己啓発課題などを確認し ていただくことをねらいとしています。
■ プログラム概要
実施項目
ねらい・進め方


□ オリエンテーション

1.管理者とは
   (1) 管理者とは
   (2) 管理者の役割とは




2.組織運営
   (1) 目標管理について
   (2) 仕事のマネジメント
   (3) 組織のマネジメント
   (4) 人のマネジメント


管理職になると、組織の経営が役割となります。組織の経営をするということは、具体的には何をすればいいのか。現状行っていること、本来やるべきだと考えていることなどと比較しながら、自分の役割を明確にしていただきます。

組織運営を行うための基本となる目標管理の考え方を理解し、マネジメントの大きな3つの分野である「仕事、組織、人」について、それぞれ掘り下げて、やるべき事柄について確認していただきます。


3.部下の意欲を引き出す
   (1) 人間尊重の部下指導
   (2) プラスの接し方
   (3) 聴く姿勢
   (4) 意欲を引き出す接し方

4.部下を育てるために
   (1) 人材基準はあるか
   (2) 部下を把握しているか
   (3) 育成計画はあるか

5.職場の活性化
   (1) 活性化した職場とは
   (2) 活性化しない原因とは
   (3) 職場を活性化させるには
マネジメント基本は部下の方に元気に働いてもらうことです。そのための具体的な接し方について演習をまじえて学んでいただきます。



管理職の方には、現場の指導だけでなく、計画的に人材を育てる役割があります。人を育てるための仕組みについて学びます。


元気な職場を作るために、今後の課題を確認していただきます。
ご関心のある方は、お気軽にご照会ください  > お問い合わせ
Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.