HOMEセミナー > 2006/12/13
2006/12/13 神奈川県経営者協会

今後目指すべき人事賃金制度とは

 成果主義に対する評価が大きく分かれている昨今、では問題があるとしてこれまでの日本型年功制に戻ることが良いのであろうか。成果主義を導入せざるを得ないとすれば、どのような人事賃金制度を目指すべきなのか。 成果主義と日本型年功制を概観しそれぞれの問題点を整理するとともに、日本の企業風土にあった新たな人事制度賃金制度を構築する足掛かりとすべく研究いたします。
開催日 :
平成18年12月13日(水)
時 間 :
14:30 〜 16:30
主 催 :
(社)神奈川県経営者協会
参加料 :
協会会員 4,000円  非会員 7,000円
会 場 :
産業貿易センタービル
 横浜市中区山下町2
講 師 :
(株)河合コンサルティング 代表取締役
河合 克彦 氏(かわい かつひこ)
お問い合わせ :
〒231-0023 横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル7F
 (社)神奈川県経営者協会 (担当:深澤)
 TEL 045-671-7060  FAX 045-671-7087
 http://www.k-keikyo.or.jp
講義内容 :
1 成果主義をめぐる潮流
  ・ 行き過ぎた成果主義の功罪
  ・ 日本型年功制の功罪
2 目指すべき人事賃金制度とは
  ・ 限られた人件費原資をどのように配分すれば組織が活性化するか
  ・ 役割・能力・成果に応じた処遇
  ・ 日本的経営の良さを再確認
3 人事賃金制度再構築へのステップと具体策
  ・ 戦略的視座による基本構想の策定
  ・ 導入・運用時の注意点と定着への方策
  ・ どのようにすれば成果が的確に把握できるか
  ・ 評価結果をどのように処遇に反映させるか
4 質疑応答
                                          ほか

Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.