HOMEセミナー > 2015/4/26
2014/4/26 株式会社日本法令

「3ヵ月でできる人事評価・賃金制度のつくり方」出版記念
「役割・能力・成果」を調和させる“トライアングル人事システム”をもとにした人事制度
中小企業の人事評価・賃金制度構築の実務セミナー

 企業には限られた人件費原資がありますが,これをいかに配分して企業業績向上や組織の活性化に結び付けるかが問われているところです。その配分のための基準としては,これまで「役割主義・能力主義・成果主義」といった人事制度がとられてきましたが,これらの制度はいずれもそれぞれの長所,短所が指摘されているところで、一体どのような制度を採用すればよいのかと迷われる企業も多いことでしょう。
 本セミナーは、人事制度の一つの形態として「役割・能力・成果」を融合させた形である「トライアングル人事システム」の概要を解説するとともに、実際に中小企業がトライアングル人事システムをもとに人事評価・賃金制度を構築していく手法を解説していくものになります。社会保険労務士が企業に新しい人事制度を提案する際のヒントにもなる内容となっています。
 
                
開催日 :
平成26年4月26日(土)
時 間 :
10:30 〜 16:30
主 催 :
株式会社日本法令
会 場 :
連合会館(旧総評会館)
 東京都千代田区神田駿河台 3−22−11
   
講 師 :
第一部 (株)河合コンサルティング 代表取締役
河合 克彦 氏(かわい かつひこ)
:
第二部 特定社会保険労務士
中野 剛 氏(なかの つよし)
お問い合わせ :
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 4−2
 株式会社日本法令 出版課セミナー係
 TEL 086-225-3988
講義内容 :
オリエンテーション

第一部 “トライアングル人事システム”の概要
 1 「3ヵ月でできる人事評価・賃金制度のつくり方」発刊の狙い
 2 本書のベースになっているトライアングル人事システム
  (1) 能力主義、役割主義、成果主義の内容と得失
  (2) これからの人事の方向性…役割・能力・成果のバランスとその特質を活かす
  (3) トライアングル人事システムの基本的考え方
   @ 役割とは、能力とは、成果とは
   A 漏れなく本人の行動や結果を把握できること
   B 仕事を特性によって三つに分類し、その得意分野で業績を把握する
   C 新しい評価観に立つ
   D 役割・能力・成果に対応する賃金
   E 人件費原資をコントロールするという発想が必要

第2部 中小企業の人事制度・賃金制度構築の手法
 1 社員の人事制度を構築する
  (1) 人事評価制度を構築する
  (2) 賃金制度・昇給制度・昇格制度を構築する
  (3) 新賃金制度の組換えを行う
  (4) 賞与制度を構築する
  (5) 退職金制度を構築する
  (6) 規程類・解説書を作成する
 2 パートタイマーの人事制度を構築する
  (1) 人事評価、賃金体系、昇格、社員登用の仕組みを構築する
  (2) 規程類・解説書を作成する
 (4) 新人事制度の導入・定着化を図る
  (1) 新人事制度説明会を開催する
  (2) 各種研修を実施する

質疑応答/まとめ

Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.