HOMEセミナー > 2015/9/8
2015/9/8 (株)新技術開発センター

品質保証部門も売上高・利益を計算し、採算意識を喚起する
品質保証部門の生産性向上のすすめ方

  工場の直接部門の生産性については原価管理を中心にした生産性測定の方法が確立していますが、品質保証など工場の間接部門は未だ生産性を測定する方法が確立していないのが実態です。そのため、会議が多い、人数が多い、省力化が遅れているなどがあっても、それがどのくらいなのかは、測定していないのでハッキリとは分からないというのが実情ではないでしょうか。
 本セミナーでは、品質保証など間接部門にも売上・利益の概念を導入し、間接部門の生産性を測定する方法を探っていきます。これができると品質保証など間接部門にも採算意識が醸成され、次のような行動が期待できるようになります。
  (1) 品質保証など間接部門の売上高を増やす行動
    @ 新しい業務を開拓して、部門の業務の範囲を広げ、定常業務代を稼ぐ
    A 他部門への応援を積極的に行って、応援代を稼ぐ
    B 改善・開発業務を積極的に行って、改善・開発業務代を稼ぐ
  (2) 品質保証など間接部門のコストを下げる行動
    @ 業務を効率的に行って、時間外を削減する
    A 業務を効率的に行って、他部門からの応援を削減する
    B 業務を効率的に行って、部門の人員を削減する
    C パート・契約社員・嘱託を活用して人件費を削減する
    D 出張旅費、事務経費を削減する
 本セミナーでは、品質保証など間接部門の売上高・利益を算定する方法、等級別人件費レート、内部売上高レートの算定方法を講義で学び、これらを演習で作業していただき、身につけていただきます。
開催日 :
平成27年9月8日(火)
時 間 :
10:00 〜 17:00
主 催 :
株式会社新技術開発センター
会 場 :
株式会社新技術開発センター
 東京都千代田区一番町17の2
 TEL 03-5276-9033  
講 師 :
(株)河合コンサルティング 代表取締役
河合 克彦 氏(かわい かつひこ)
講義内容 :
オリエンテーション

1 “見えない”品質保証など間接部門の生産性を“見える”ようにする
     品質保証など間接部門課長のぼやきと課員のつぶやき
     品質保証など間接部門の売上高が“見えない”
     品質保証など間接部門に売上、利益を導入し“見える化”を図る
     品質保証など間接部門の生産性を“見える”ようにする仕組み

2 品質保証など間接部門損益計算に必要なレートの算定
 (1) 等級別人件費レート
  (2) 内部売上レートの算定

3 間接部門 部門別損益計算
 (1) 間接部門売上高の計算
 (2) 間接む部門人件費・経費の計算

4 部門業績評価制度

5 個人業績評価制度

6 【演習】 等級別人件費レートの算定
        内部売上レートの算定
        工場間接部門損益計算
        工場間接部門の業績評価


7 間接部門生産性向上システム

8 生産性向上システム

9 生産性向上システムの構築

10 質疑応答 ほか

Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.