HOMEセミナー > 2017/6/27
2018/4/4 湘南信用金庫信和会

能力主義・役割主義・成果主義を超えて…次にくる人事制度

 人事の基本ファクターとしては能力、役割、成果があります。それぞれのファクターを中心に組み立てたのが能力主義、役割主義、成果主義です。しかしこの難しい時代に一つの人事ファクターで人事制度を運用することには限界が来ているのも事実です。多くの企業・組織は能力主義、役割主義、成果主義(いわゆる〇〇主義)の問題点を認識しながら、その後に来る人事制度を模索しているのですが、これといった決め手がなく悩んでいるというのが現状ではないでしょうか。
 本セミナー講師の河合コンサルティング代表河合克彦氏は、〇〇主義の次に来る人事制度としてトライアングル人事システムを提唱しています。人事の基本ファクターである能力・役割・成果の特質を活かす人事制度です。本セミナーではこの人事制度の基本的考え方・運用・構築の仕方までを詳しく解説します。

  (1) 役割・能力・成果のバランスとその特質を活かす
    @ 役割・能力・成果を明確にする
    A 役割・能力を明確にする役割能力要件表
    B 評価制度と処遇制度の対応関係を明確にする
    C 役割・能力・成果に対応するステージ制度
    D 役割・能力・成果に対応する賃金制度
  (2) 部門業績評価制度を構築し人事制度とドッキングさせる
  (3) 仕事を特性に合わせて三つに分類し、その得意分野で業績を把握する
    @ 変化、前進、向上、改善、完成させるような特定業務、売上・利益等数値化できる業務
    ⇒ 個人目標
    A 部門業績に関する業務 ⇒ 部門業績
    B 定常業務・基本業務・必須業務 ⇒ 役割期待
  (4) 容易に、的確に、評価できる評価制度
  (5) 新しい評価観に立つ
    @ 評価を広く捉える
    A 評価のパワー
    B 評価の納得性を阻害する3つの壁
    C 評価の見える化
    D 古い評価観・新しい評価観
  (6) 人件費原資管理をしっかり行う
 
        
開催日 :
平成30年4月4日(水)
時 間 :
18:00 〜 20:00
主 催 :
湘南信用金庫信和会
会 場 :
湘南信用金庫
 横須賀市 
   
講 師 :
(株)河合コンサルティング 代表取締役
河合 克彦 氏(かわい かつひこ)
お問い合わせ :
〒- 横須賀市
 湘南信用金庫信和会
 TEL - -
講義内容 :
オリエンテーション

1 最近の人事賃金関連の動きをどう読み取るか

2 『難しい時代』のあるべき人事制度
 (1) 能力主義、役割主義、成果主義 いろいろあるが、何を選択すべきか
 (2) 能力主義・役割主義・成果主義を超えて
    ーー これからの人事に求められること
  @ 弾力的に組織運営ができる等級制度
  A 漏れなく本人の行動や結果を把握できること
  B 評価の物差しを明確にすること
  C 評価の論理と処遇の論理を区分すること
  D 評価は納得性が重要
  E 評価のパワーに気づきこれを活用する
  F 評価は個人目標の評価と同じ基準、方式がよい
  G 新しい評価観に立つことが大切
  H 賃金は安心を尊重
  I 役割・能力・成果に対応する賃金、年功の要素も加味する
  J 人件費原資をコントロールするという発想が必要

3 これからの人事の方向性…役割・能力・成果の特質を活かす
  トライアングル人事システム

 (1) トライアングル人事システムのコンセプトと全体像
 (2) ステージ制度
 (3) 業績評価
 (4) 業績評価のサブシステム
  @ 部門業績評価制度
  A 個人目標制度
  B チャレンジ加点制度
 (5) 能力評価
 (6) 賃金構成
 (7) 昇給
 (8) 賞与
 (9) 退職金

4 トライアングル人事システム構築の進め方

5 トライアングル人事システムの導入・定着化

6 トライアングル人事システムの簡素化・省力化

7 トライアングル人事システムは能力主義、役割主義、成果主義を
  どのように克服したか


質疑応答/まとめ

Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.