HOMEセミナー 2019/9/1
2019/10/23 日本法令


「演習ケース」を活用した評価者研修の効果的な進め方
セミナー

<本セミナーの特色とセミナー運営の狙い>
  評価者の評価能力向上のためにはケースを活用した評価者実践研修が有効ですが、自社に合ったケースが少なく、ケースを活用した実践研修のやり方が分からないこともあり、我が国の企業・組織ではあまり進んでいません。
 今回日本法令で発刊された『人事評価者研修の効果的な進め方と〔業種別〕演習ケース集』は、このニーズに応えるものです。様々な業種、職種の12のケースが収録され、ケースを活用した評価者実践研修の進め方が書かれています。
 本セミナーは上記の新刊をテキストにして行いますので、ケースを活用した評価者実践研修の進め方、模範解答の作成方法等が講義、演習を通じて確実に習得できます。
 演習は@ケースの説明、A個人作業、Bグループ作業、Cグループ発表、D模範解答の説明、E意見交換と企業・組織としての評価の確認というケースを活用した評価者実践研修の一連のプロセスを体験できるので、すぐ自企業・組織に応用できます。
 本セミナーを受講されると次のようなメリットを入手・習得できます。
 ・評価者の評価能力が向上し、自信が持てる研修の進め方が習得できる
 ・評価者の目線合わせ、評価のベクトル合わせが着実にできる研修方法が習得できる
 ・演習ケースを活用した「評価者研修」の具体的な進め方、ノウハウが入手できる
 ・業種別・演習ケース、評価者研修実施マニュアルの活用の仕方が習得できる
人事・教育スタッフ、人事コンサルタント、社労士など専門家に最適です。
開催日 :
令和元年10月23日(水)
時 間 :
10:00 〜 17:00
主 催 :
日本法令
会 場 :
     
日本法令本社ビル
 東京都千代田区岩本町1ー2−19
講 師 :
(株)河合コンサルティング 代表取締役
河合 克彦 氏(かわい かつひこ)
お問い合わせ :
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1ー2−19
  株式会社日本法令 出版部セミナー担当
 TEL 03-6858-6968
講 義 :
T 評価者実践研修の狙い  
 1 本書の構成と活用目的
 2 評価者実践研修の進め方
 3 評価者実践研修の流れと3つの気づき
 4 研修用模範解答について
 5 評価者(管理者)に期待される役割と能力」
U 演習ケースの説明  
 1 収録している演習ケースの特色
 2 業種別の12の演習ケース
V 評価者実践研修(模擬評価演習)の進め方  
 1 模擬評価演習カリキュラム
 2 模擬評価演習の手順
 3 個人作業
 4 グループ作業
 5 グループ発表
 6 研修用模範解答の説明
 7 意見交換と企業・組織としての評価の確認
W 共通の基盤になる評価システムの説明  
 1 人事制度全体像
 2 業績評価項目とウェイト
 3 評価の進め方
 4 模擬評価演習に適用する評価項目の定義
 5 模擬評価演習に適用する業績評価項目とウェイト
 6 業績評価得点の計算
X 研修用模範解答の作成の仕方  
 1 ケースの説明
 2 職務行動の事実の確認
 3 業績評価ワークシートの作成
 4 評価項目選択の理由とコメントの作成
 5 ケースの研修用模範解答の作成
演習 具体的ケースに基づき評価してみる(模擬評価演習を体験する)  
 1 ケースの説明
 2 個人作業
   (1) 業績評価ワークシートの作成
   (2) 業績評価表(個人作業)の作成
   (3) フィードバック用紙(個人作業)の作成
 3 グループ作業
   (1) 業績評価表(グループ作業)に個人の評価を記入して根拠意見を
     発表
(以下の作業は資料に基づき講師が説明する)
   (2) 業績評価表(グループ作業)で グループの決定を行う
 4 グループ発表
 5 模範解答の説明
 6 意見交換と企業・組織としての評価の確認
質疑

   
Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.