HOMEセミナー > 2007/11/9 〜
2007/11/9 〜 (全3回) 東京商工会議所

人事制度再構築セミナー3回シリーズ
高齢者雇用をどのように進めるか

 改正高齢者等雇用安定法の施行もあり、高年齢者雇用確保措置を講じる必要が出てきているが、どのように進めたらよいか迷っている企業もある。また実際に進めてみるといろいろと問題も出てきている。
 高年齢者雇用確保措置では @定年の引き上げ、A継続雇用制度の導入(勤務延長制度、再雇用制度)、B定年の定めの廃止 があるが、再雇用制度を採っている企業が多いので、再雇用制度に重点を置き、再雇用制度を具体的にどのように進めたらよいかを詳しく説明する。
 また、第2回以降では、高年齢者雇用問題解決に向けた人事制度について、より具体的に考えていく。
■ カリキュラム
開催日
内容
1
11/9
(金)
■ 高齢者雇用をどのように進めるか
1 改正高齢者等雇用安定法の概要
2 高齢者雇用における各企業の取り組み状況
3 再雇用する場合の論点
 (1) 再雇用する対象者の選定基準をどのようにするか
 (2) 雇用期間はどのようにするか
 (3) 雇用形態はどのようにするか
 (4) 勤務形態・勤務時間をどのようにするか
 (5) 職務・職種はどのように考えるか
 (6) 現職継続した場合、これまでの社員とのバランスをどのようにとるか
 (7) 年次有給休暇の取扱いはどのようにするか
 (8) 賃金をどのように決めるか
 (9) 公的助成を考慮した賃金をどのように考えるか
   ・在職老齢年金(厚生年金)
   ・高年齢雇用継続基本給付金(雇用保険)
 (10) 人事評価を行うか。行うとすればどのような評価制度にするか
 (11) 賞与は支給するか。支給するとすればどのように行うか
 (12) その他
4 高齢者雇用の問題は現役社員の人事制度の改革が必要である
2
12/17
(月)
■ 中小企業に役立つ人事評価と賃金講座
・ 役割・業績貢献度を基本とした人事制度
 1 役割とは
 2 業績貢献度とは
 3 ステージ別 役割・能力要件表
 4 ステージ別 役割・能力要件と評価制度の関係
 5 業績評価
 6 部門業績評価
 7 個人目標
 8 能力アセスメント
   (1) 知識技能力評価
   (2) 職務の評価
 9 チャレンジ加点
3
1/24
(木)
■ 「中小企業の昇格・人件費管理」革新
・『業績貢献度別人事システム』の全体像

・ 処遇システム
  1 昇格をどのように考えるか
  2 賃金体系をどのように考えるか
  3 昇給をどのように考えるか 【演習】賃金表によらない昇給計算
  4 賞与をどのように考えるか
  ※ 昇給計算【演習】を行いますので、必ず電卓をご用意ください

・ 人事制度再構築のポイント
時 間 :
14:00 〜 16:00
主 催 :
東京商工会議所
会 場 :
文京シビックセンター 5階 研修室
講 師 :
(株)河合コンサルティング 代表取締役
河合 克彦 氏(かわい かつひこ)

Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.