HOMEセミナー > 2013/5/10
2013/4/27 日本法令

総額人件費の増加は食い止められる!
改正高年齢者雇用安定法・無年金期間に対応!

再雇用者の戦力化につなげる60歳以降の
人事・賃金制度設計セミナー

  法改正により60歳以降も継続して働く方が増える一方、年金支給開始年齢が繰り下げられることから、多くの企業が人件費の増加を懸念しています。
  さらに、60歳以降の賃金は厚生年金保険の報酬比例部分や雇用保険の高年齢雇用継続給付と組み合わせて設計されることから、「働きに応じた処遇にしたい」「モチベーションを維持して働いてもらいたい」などの企業の要望に応える柔軟な制度設計とすることが難しい、という問題も指摘されています。
  そこで本セミナーでは、経営コンサルタントとして30年以上企業の人事・賃金コンサルティングに携わってきた河合克彦氏と、「無年金時代の高齢者賃金設計」等の著書がある社会保険労務士の渋谷康雄氏を講師に迎え、人件費の負担増を抑えながら再雇用者の働きに応じて支給額を調整できる人事・賃金制度とするには、どうすればよいかについて、事例に基づいて解説していただきます。

【テキスト】
 『無年金時代の高齢者賃金設計』(第2部で使用 日本法令より発売中)
 オリジナルレジュメ・資料(当日会場にて配布いたします)
                 
開催日 :
平成25年4月27日(土)
時 間 :
10:30 〜 16:30
主 催 :
日本法令
会 場 :
連合会館
 東京都千代田区神田駿河台3-2-11  
講 師 :
(株)河合コンサルティング 代表取締役
河合 克彦 氏(かわい かつひこ)
社会保険労務士
渋谷 康雄 氏(しぶや やすお)
講義内容 :
第1部(10:30〜13:00)
経営コンサルタント 河合克彦氏


1 具体例に基づく再雇用制度見直しの実務と提案の仕方

2 具体例に基づく現役世代を含んだ人事・賃金制度見直しの実務と提案の仕方

第2部(14:00〜16:30)
 社会保険労務士 渋谷康雄氏


1 平成25年度以降の再雇用者の賃金設計の考え方

2 再雇用者のモチベーション維持、貢献度に応じた処遇を実現するための賃金設計の仕方
Copyright (C) KAWAI Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.